sanda-shishi

2020/01/16

三田青磁(さんだせいじ)は江戸時代後期から昭和初期にかけて三田市南東部で制作された青磁の事。1799年(寛政11年)三輪神社裏山・通称茶碗山の明神窯で三田青磁をを制作したのが始まりとされている。三田青磁の良品は中国青磁にも引けを取らない名品も多い。
出張査定無料、お気軽にご相談下さい。0120-994-469