kibun

2019/05/27

初代・波多野正平(はたのしょうへい)は京都出身の鋳金師(1813〜1892)。滋賀県能登川に存在した鉄瓶屋『亀文堂』の創立者。精密象嵌を施した茶器(掻蝋鉄瓶)や文具は当時の文人達に愛された。波多野正平が手がけた工芸作品は現在再評価され高価で取引されています。出張査定無料。お気軽にご相談下さい。0120-994-469