gosuakae

2018/11/26

呉須赤絵(ごすあかえ)とは中国、明時代末期〜清時代初期にかけて中国の南部、福建、広東など広範囲で作られた五彩磁器の事で、白磁素地に赤、緑、トルコ青など濃厚鮮明な絵具で上絵付けをして製造されました。
出張査定無料、お気軽にお問い合わせください。0120-994-469