kaen

2020/11/20

夜の暗闇の中、炎にまう昆虫を幻想的に描いた速水御舟の最高傑作。本作品は1977年(昭和52年)国の重要文化財に指定され日本画史上最高傑作の一つとして広く知られています。『炎舞』は速水御舟が31歳 (1925年(大正12年))の夏、家族とともに訪れた軽井沢での取材を元として描かれたと言われています。

原作サイズは 縦120cm横53.3cm。山種美術館蔵