mintinjyun

2018/03/27

明陳淳 みんちんじゅん ming chen chun は中国、明時代中期に活躍した文人、画家。西暦1483年~1544年(明・成化19年~嘉靖23年)
字は道復、後に復甫とあらためた。白陽、白陽山人と号した。江蘇蘇州の人。『青藤白陽』と称され、明代文人画における写意花鳥派の代表とされる。