お正月も休まず営業しております

2016/01/01

新年明けましておめでとうございます。皆様のおかげで今年も無事に新しい年を迎えることができました。
新春を迎え皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

あい古物買取サービスは本年も引き継ぎ骨董品や古道具のリサイクルを通して微力ではありますが持続・再生出来る社会作り、古き良き文化の継承、地域社会への貢献に努めて行きたいと考えております。2016年もサービス向上を目指してまいりますので何卒よろしくお願い申し上げます。

ご紹介の写真は年末に買取させて頂いた 田中訥言 の掛軸です。

田中 訥言(タナカ トツゲン 明和4年(1767年) 〜 文政6年3月21日(1823年5月1日))は、江戸時代後期の絵師。
名は敏、字は虎頭。別号は痴翁、得中、過不及子、晦存、求明などがある。復古大和絵の祖として知られています。

略伝
尾張国名古屋の出身(『鑑定便覧』)。幼少時、日蓮宗の寺に入門し、後に比叡山延暦寺で天台宗を修めた。画を狩野派の石田幽汀に学び、幽汀死後は還俗して土佐派の土佐光貞の門に入った。土佐派内部での訥言の評価は高く、天明8年(1788年)に22歳で早くも法橋位を得た。寛政2年(1790年)寛政度内裏障壁画の制作に、光貞、狩野典信、岸駒等と共に参加。杉戸絵を描いた。文化3年(1806年)光貞が没した後も土佐派に留まり、光貞の遺児土佐光孚を支えて活躍する。文化14年(1817年)には尾張藩奥医師林良益の尽力で二百幅画会を開催した。これは、単に生活のためだけでなく、眼病の治療のための上洛費用と医療費を捻出するためと考えられている。
有職故実に精通し、当時の土佐派の形式的画風よりも平安時代の大和絵への復古を目指し、「伴大納言絵詞」や「佐竹本三十六歌仙絵巻」を始めとする古絵巻を熱心に模写、後に復古大和絵の祖として知られるようになった。文政6年(1823年)、視力を失ったため舌を噛んで命を絶ったと伝えられ、別号の晦存・求明は眼病を暗示する号と言われる。享年57。戒名は安祥院訥言居士。墓所は京都市東山区の日體寺。
現在確認される作品数は300点あまり、有年紀作品は少ないものの落款の『訥』字の旁である『内』の一画目・二画目の変遷からおおよその画風展開を知ることが出来る。
門人に浮田一蕙、渡辺清、土佐光孚。また、弟子ではないが冷泉為恭も訥言に私淑していたという。彼らの作品には、訥言に倣ったと思われるものが複数残っており、訥言の影響力の大きさを見ることが出来る。

あい古物買取サービスはお正月も休まず営業します。
年末の大掃除で出て来た古道具や骨董品、お正月の家族会議で売却が決まった美術品、掛軸、絵画、茶道具。亡き人のコレクションから古家具、楽器、オーディオ等何でも幅広く買い取りさせて頂きます。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、(神戸市、芦屋市、西宮市)を中心に関西全域出張査定無料でご自宅までお伺いします。

077-507-3277 午前9時〜午後9時迄 (年中無休)