一川芳員(歌川 芳員)の版画を買取させて頂きました。

2018/05/31

生前整理の為、趣味で収集されていた版画のコレクションを出張買取させて頂きました。

コレクションの多くは江戸時代幕末〜明治時代にかけて活躍した浮世絵師、歌川 国芳(うたがわ くによし)とその門人である歌川 芳女(うたがわ よしじょ)、歌川 芳員(うたがわ よしかず)らの作品およそ50点。出版当時のオリジナル作品で保存状態も良好につき高価買い取りさせて頂く事が出来ました。

ご紹介のお写真は今回の出張買取でお譲り頂いた歌川 芳員による作品です。

一川芳員(歌川 芳員)横濱港崎廓岩亀樓異人遊興之圖

画 歌川 芳員

出版元 丸屋甚八

出版年 西暦1861年(文久1年)

サイズ 三枚綴り 横75cm 縦37cm

内容 横浜に存在した遊女屋、岩亀楼(がんきろう)の風俗描写

歌川 芳員

歌川 芳員(うたがわ よしかず)は江戸時代幕末から明治時代初期にかけて活躍した浮世絵師。横浜絵のパイオニア的存在。歌川国芳の弟子。通称、次郎兵衛、次郎吉。一寿斎、春斎、一川、一川斎と号した。現存する作品の殆どは江戸時代末期(西暦1848年)から明治3年(西暦1870)に制作された。

初期は武者絵、花鳥画、草双神押絵を描いた。1859年の横浜開港後は異人の生活や風俗に強い興味を抱き『異国人酒宴遊楽之図』『外国写真鏡之図』『外国人男女子供遊』『横浜港崎廓岩亀楼異人遊興之図』『横浜異人屋敷之図』などを描き横浜絵の先駆者の一人となった。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、コレクション品の出張買取をしています。

買取ジャンルの多さは業界随一!

世界の一流美術品から趣味の品、古家具、家財品にいたるまで、経験豊富な専門鑑定士があなたの大切なお品物を一点ずつ丁寧に査定致します。

お引っ越し、遺品整理、コレクション整理、空き家整理などでお困りの際はお気軽にご相談下さい。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井まで出張査定無料でご自宅までお伺い致します。

弊社では骨董品や古道具のリサイクルを通して、古い文化を次世代に残し伝えると共に、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動させて頂いています。

 0120-994-469 午前9時〜午後9時(年中無休)