三田青磁を買取させて頂きました。

2020/01/16

生前整理のためご自宅の倉庫に保管されていた故人の収集品(古陶磁器のコレクション)を出張買取させて頂きました。

コレクションの大部分は幕末から昭和初期までに制作された三田青磁で総数およそ30点。故人の思い出の品々をあい古物買取サービスにお譲りいただき本当にありがとうございました。

画像でご紹介させて頂いているお品物は今回の出張買取でお譲り頂いた三田青磁の作家

芝乕山作による獅子高炉です。

 三田青磁

 三田青磁(さんだせいじ)は江戸時代後期から昭和初期にかけて三田市南東部(三輪明神窯、三輪神前窯、志手原窯、志手原新窯、虫尾新田窯、三輪上野窯、天狗ヶ鼻窯など)で制作された青磁の事。1799年(寛政11年)三輪神社裏山・通称茶碗山の明神窯で三田青磁をを制作したのが始まりとされている。その後、文化-文政年間に最盛期を迎える事になりますが当時はまだ三田青磁の完成度が低く、陶工 内田忠兵衛が三田本町の豪商である神田惣兵衛に資金援助を申し入れました。そうして当時京都の陶工欽古堂亀助(きんこどうかめすけ)を招き三田青磁の品質の向上に務めた。30年の試行錯誤の上三田青磁は日本で制作された青磁の中で最も完成度が高いと評判になり最盛期には中国青磁にも引けを取らない良品が数多く作られました。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、コレクション品の出張買取をしています。

買取ジャンルの多さは業界随一!

世界の一流美術品から趣味の品、古家具、家財品にいたるまで、経験豊富な専門鑑定士があなたの大切なお品物を一点ずつ丁寧に査定致します。

お引っ越し、遺品整理、コレクション整理、空き家整理などでお困りの際はお気軽にご相談下さい。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井まで出張査定無料でご自宅までお伺い致します。

弊社では骨董品や古道具のリサイクルを通して、古い文化を次世代に残し伝えると共に、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動させて頂いています。

 0120-994-469 午前9時~午後9時(年中無休)