中林竹渓の掛軸を買取させて頂きました。

2018/03/21

ご自宅のリフォームに伴って日の目を見る事が無くなった書画(掛軸)、骨董品を出張買取させて頂きました。

ご依頼者様の曾祖父が収集されていた掛軸のコレクションの中には、江戸時代幕末から明治時代にかけて活躍した狩野派の絵師、狩野 養信、狩野 芳崖、菊田 伊洲、狩野 養信による作品や江戸時代後期の 南画家、中林竹洞とその息子である中林竹渓による作品が含まれており高価買取りさせて頂く事が出来ました。

ご紹介のお写真は今回の出張買取でお譲り頂いた中林竹渓による掛軸です。

中林竹渓

中林竹渓 なかばやし ちくけい は、江戸時代末期に活躍した京都生まれの絵師。西暦 1816年〜1867年(文化13年〜慶応3年)享年52歳

父は江戸時代末期に活躍した南画家、中林竹洞。

通称を金吾、名は成業、字は紹父。竹渓は号で、別号に臥河居士などがある。

幼くして父、中林竹洞に絵を学び山水画を習得。その後、山本梅逸に師事し花鳥画や人物画にも作域を広げ、師である父・竹洞や梅逸のスタイルを継承しながら独自性溢れる作品を描いた。30歳以降の作品には南蘋派、土佐派、円山 四条派などからの影響が色濃く出た写実的な作品も多数ある。40歳以降の晩年作には文人画、山水画など自らのルーツ的作品を再び好んで描いた。

代表作には、京都国立博物館所蔵、冬山水図屏風や名古屋市美術館所蔵、梅花書屋・竹林静居図屏風などがある。

貴重なお品物を弊社にお譲り頂きほんとうにありがとうございました。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、コレクション品の出張買取をしています。

買取ジャンルの多さは業界随一!

骨董品、古道具、古家具、掛軸、書道具、香道具、絵画、彫刻、茶道具、刀剣、古書、楽器、オーディオ、家財道具、趣味の品など何でもお任せ下さい。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井まで出張査定無料でご自宅までお伺い致します。※ 内容によってはエリア外も対応可能です。

お引っ越し、遺品整理、コレクション整理、断捨離、空き家整理、旧家の解体などでお困りの際はお気軽にお問い合わせください。

0120-994-469 午前9時〜午後9時(年中無休)