京都府、京田辺市にて錫製の茶入など煎茶道具を出張買取させて頂きました。

2017/09/05

お盆休み前に旧家の整理をされていたお客様からお電話を頂き、ご実家に併設されていた蔵から出て来た古道具、掛軸、茶道具、古書、武具など骨董品を出張買取させて頂きました。

お邪魔させて頂いたお宅は大きな敷地にご自宅と隣接された蔵が3つある立派な日本家屋で、先代がお亡くなりになられてからしばらくの間空き家となっており、約70年ぶりに蔵整理をしておられる最中でした。ご先祖様は古くから製茶業を営んでおられた実業家で歴代の当主には政治家になられた方もいらっしゃる由緒あるお家柄。言い伝えによるとご実家のある地域には昔、伊藤若冲が住んでいた時期あり、ご先祖様と交流があったそうで若冲の掛軸が蔵の何処かに眠っているかもしれないとの事でした。

蔵整理の初日には主に道具類の査定をさせて頂き、現在東アジアからの需要が高まり、売り時だと言える煎茶道具(茶壺、鉄瓶など)などの古道具を中心に買取させて頂きました。同日、直径60cm以上ある出来の良い古伊万里の大皿も一緒に出てきましたが現在は人気が下火で売り時では無い為、保管する事をオススメさせて頂き、蔵に再度収納して頂く事になりました。

2日目、掛軸、書画などを主に収納されている蔵の整理に着手。弊社からも書画、中国骨董のスペシャリストを派遣しての作業になりました。掛軸の査定をさせて頂いてからおよそ一時間。伊藤若冲、真筆の掛軸が出てきました!!!若冲が得意とした鶏の図で、共箱(桐箱)も揃っていて奇跡的に状態も良くとても素晴らしいお品でした。ご依頼者様のご家族、一緒にお手伝いをされていたスタッフのみなさんも大喜びされていた様子で、話し合いの結果、家宝として残される事が決まりました。その後も作業を続けさせて頂き、銀瓶や唐木(紫檀)製品など売り時だと言える道具類がちらほら出て来てそれらを弊社にお譲り頂ける事になりました。

ご紹介のお品は今回お譲り頂いた錫製の茶入です。約20cmほどの通常より大きなサイズで鱗の様な模様が出ている人気のタイプ。

ご先祖様から引き継ぎされた大切な品々を弊社にお譲り頂き本当にありがとうございました。必要とされている方に確実に橋渡しさせて頂きます。

あい古物買取サービスでは古道具や骨董品のリサイクルを通して古い文化を次世代に引き継ぎさせて頂くと共に、微力ながら持続、再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動させて頂いています。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、コレクション品の出張買取をしています。

買取ジャンルの多さは業界随一!一流美術品から古家具、趣味の品まで経験豊富な専門鑑定士が一点一点しっかり査定。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、福井、愛知まで出張査定無料でご自宅までお伺い致します。

遺品買取、空き家整理、お引っ越し、リフォーム、生前整理などでお困りの際はどんな些細な事でも構いませんのでお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-994-469 午前9時〜午後9時(年中無休)