南京 古染付 皿 中国骨董品 買取 京都府 京都市 東山区

2015/02/12

京都市東山区にて倉整理のお手伝いをさせて頂きました。築100年以上の旧家から煎茶道具、掛軸、香道具、屏風、古染付の皿などの骨董品、古道具や唐木の茶箪笥、飾り棚等の古家具を買い取りさせて頂きました。ご紹介の画像は古染付の南京皿です。

南京の古染付は一般的にに中国、明末・天啓年間「1621 ~ 27」あるいは崇禎年間「1621 ~ 44」頃に作られ江西・景徳鎮の民窯にて焼かれた染付磁器のことです。この頃既に中国と日本の間では輸出入が盛んに行われており旧家からはよく出てきます。数年前までは骨董店などでも安価でお買い求め頂くことができましたがここ数年の中国の好景気の影響で骨董品としての需要が高まってきています。
骨董品や古道具の売却値段(需要と供給のバランス)は流行とともに激しく変動していますので亡き人がコレクションされた骨董品が思わぬ高価で売却出来ることもよくあります。

あい古物買取サービスでは骨董品、古道具、茶道具、掛軸、屏風、絵画、ブロンズ像、書道具、古美術品、楽器、オーディオ、古家具等幅広いジャンルの買い取りが可能です。関西全域出張査定無料(京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、神戸市、西宮市、芦屋市、和歌山)

まずは一度お電話にてお問い合わせください。
077-507-3277 午前9時〜午後9時迄