坂本繁二郎 掛軸 骨董品 買取 奈良県 吉野町

2015/01/05

奈良県吉野町にて坂本繁二郎の掛軸や茶道具等の骨董品、唐木の茶箪笥、桐箪笥、太平洋戦争以前の古道具等を買い取りさせて頂きました。年末の大掃除で出て来た日の目を見ない骨董品、亡き人のコレクション品などはございませんか?あい古物買取サービスでは掛軸や茶道具類等の骨董品、戦前の古道具以外にも古家具、おもちゃ、楽器、オーディオ、贈答品など幅広いジャンルの買い取りをさせて頂いています。

坂本 繁二郎【サカモト ハンジロウ 1882年3月2日 〜 1969年7月14日】は明治後期〜昭和中期の洋画家 福岡県久留米市出身、青木繁と同郷
10歳で地元久留米在住の画家、森三美に師事する
1907年「北茂安村」が第一回文展に入選。1912年 第6回文展に出品した「うすれ日」は夏目漱石が高く評価したことでよく知られている。
1921年に渡仏しシャルル・ゲランに師事。1923年に発表した「ブルターニュ」は本場フランスの画家からも宅評価された。
1924年に地元の久留米に戻り、その後は東京へ戻ることはなく九州で制作を続けた。
太平洋戦争後は梅原龍三郎や安井曾太郎と並ぶ洋画会の巨匠と見なされるようになる。1954年には毎日美術賞、1956年には文化勲章を受章。1969年87歳で没した。

思い出のお品だからこそリサイクルしませんか?弊社では古き良き文化を次世代に引き継ぎするお手伝いをさせて頂くと共に再生出来る社会、持続可能な社会作りに微力ながら貢献したいと考えております。京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫(神戸市、西宮市、芦屋市)を中心に関西全域出張査定無料でご自宅までお伺い致します。査定額に納得出来ない場合はもちろんお断り頂けます、まずは一度お電話下さい。

077-507-3277 午前9時〜午後9時迄