小原古邨 掛軸 古備前 花入れ 茶道具等 骨董品 買取 京都市 伏見区

2014/11/16

京都市伏見区にて小原古邨の掛軸や古備前の花入れ 茶道具、竹根木彫り等の骨董品、古道具を買取りさせて頂きました。

小原古邨(おはらこそん)
1877年、金沢生まれ。東京へ出て鈴木華邨に師事、日本画を学ぶ。東京帝大、東京美術学校の教授で当時国立博物館顧問でもあったアーネストフェノロサの指導の元肉筆花鳥画を描き版元「 太平 」と協力して『 古邨 』の号で花鳥の色摺り木版画を制作した。
1912年に”祥邨”と名前を改め1926年まで肉筆を描いた。その後、花鳥版画を版元 ”渡辺版画店” にて制作し「TIMES」誌に掲載されるなど、欧米で人気を集めた。
1933年にワルシャワ国際版画展覧会に長谷川清、伊東深水、川瀬巴水らの版画と共に、木版画「 柘榴におうむ 」が出品された。
1945年 没後に近年再評価の機運が高まり国立モスクワ東洋美術館ー1991年、平木浮世絵美術館ー1998年等国内外にて展覧会が催されている。

東京国立近代美術館・平木浮世絵美術館等に収蔵

あい古物買取サービスでは掛軸や茶道具、ブロンズ、絵画等の骨董品、美術品以外にも古家具やオーディオ、楽器、おもちゃ、戦前の家財道具(古道具)古書、古布等幅広いジャンルの買い取りをさせて頂いています。
あなたの不用品は他人の宝物かもしれません。どんな些細な事でもかまいませんので一度お電話にてご相談下さい。

077-507-3277 午前9時〜午後9時