小坂奇石の書額を買取させて頂きました。

2020/09/30

リフォームに伴う遺品整理で断捨離される事になった故人の書画コレクションを買取りさせて頂きました。

画像のお品物は今回の出張買取でお譲り頂いた小坂奇石の書額です。

故人の大切な思い出の品々をあい古物買取サービスにお譲り頂き本当にありがとうございました。

小坂奇石

小坂奇石 コサカ キセキ Kosaka kiseki (明治34年~平成3年)は昭和から平成初期にかけて活躍した日本の書家。

徳島県海部郡三岐田町(美波町)で、雑貨店を営む小坂芳蔵の長男として生まれた。本名は光太郎。字は小坂 。奇石と号した。

16歳の時に熊本出身の書家、黒木拝石に支持。その後大阪に移り住んでから生涯を通して書一筋の人生を歩んだ。

昭和2年に関西書道会入選。昭和10年に東方書道会展特選入賞(以後4年連続入選)。昭和23年、昭和42年、日展入選第3席。昭和56年には書家として初めて日本芸術院恩賜賞を受賞するなど数々の賞を受賞。

昭和30年に璞社創設。『奇石体』『奇石流』と称される書風を確立した。

門下には江口大象、阿部醒石、松永暘石、川村龍洲などがいる。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、美術品、コレクション品の出張買取をしています。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井を中心に、ご自宅まで出張査定にお伺い致します。 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

あい古物買取サービスでは骨董品や古道具のリサイクルを通して古い文化を次世代に残し伝えるとともに、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動しています。