淫水亭開好(歌川国盛)東海道五十三次 艶本 春画 を出張買取させて頂きました。

2017/08/04

岐阜県関市にて版画本(艶本 春画)骨董品を出張買取させて頂きました。

リピーターのお客様から遺品買取のご依頼を頂き、岐阜県関市にあるご自宅までお邪魔させて頂きました。

今回査定させて頂いたお品物は、建築関係の会社を経営されていたお爺さまが生前密かに収集されていた艶本、春画のコレクションです。

艶本(えんぽん)とは男女の性交渉を絵や文章で表現した春本の事。古くは嫁入り道具やお守りとして持たされる事もあったそうです。

艶本コレクションの大半は江戸時代後期~明治時代にかけて出版されたもので、虫食いやシミなど傷みがあり状態はあまり良くありませんでしたが、歌川国盛(※淫水亭開好)が春画を担当した東海道五十三次などが含まれており高価買取りさせて頂く事が出来ました。

淫水亭開好は江戸時代の浮世絵師、歌川国盛(うたがわくにもり)が春画を描く時に使用したペンネーム。二代目歌川豊国の門人。

春画コレクションは作者不明の物が大半でしたが、絹本に直筆で描かれた状態が良い物が数十枚セットで揃っており、こちらもお客様が満足頂けるお値段でお譲り頂ける事が出来ました。

春画は2000年代に入りフィンランドやスペインで展覧会が開催されるなど芸術的に再評価される様になり2013年~2014年にかけてイギリス・ロンドンの大英博物館で開催された『大春画展』は入場者が9万人に迫る大成功を納めアートとして確固たる地位を確立する事になりました。

海外に遅れ2015年(東京・永青文庫)2016年(京都・細見美術館)に『春画展』が開催され大きな反響を呼び、日本でも芸術として評価されつつあります。

遺品整理などの際に春画、艶本を発見した家族が恥ずかしがって破棄してしまう事が多々ある様ですが、春画は日本が世界に誇る事が出来る立派な芸術作品です。多少の虫食いや汚れがあっても買取できますのでお気軽にご相談下さい。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、コレクション品の出張買取をしています。

買取ジャンルの多さは業界随一!

世界の一流美術品から趣味の品、古家具にいたるまで、経験豊富な専門鑑定士があなたの大切なお品物を一点ずつ丁寧に査定致します。

お引っ越し、遺品整理、コレクション整理、空き家整理などでお困りの際はお気軽にご相談下さい。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井まで出張査定無料でご自宅までお伺い致します。

0120-994-469 午前9時〜午後9時(年中無休)