滋賀県栗東市で竜虎図の屏風を買取させて頂きました。

2017/01/16

滋賀県栗東市の旧家で、リフォームの際に不用になってしまった明治時代の古道具、掛軸、屏風、古家具(近江の水屋箪笥)など骨董品を出張買取させて頂きました。

ご紹介のお写真は、今回のリフォームで建て壊す事になった旧家の敷地内にある蔵で長年放置されていた竜虎図の屏風です。

屏風の左下に永徳の落款あり。狩野永徳(1543年〜1590年)は安土桃山時代に活躍した狩野派を代表する絵師で代表作には宮内庁所有の「唐獅子図屏風」や国宝の「聚光院障壁画」( 京都市聚光院)が有名です。

鑑定の結果、残念ながら本物では無く 明治時代〜大正時代にかけて作られた永徳の模写(贋作)という事が分かりました。模写とは言えど、力強い筆で勢いよく描かれた猛虎図は迫力満点で、およそ100年の時を経てきた屏風には骨董品としての風格も十分に兼ね備えており、適切価格で買取させて頂く事ができました。


空き家整理、リフォーム、遺品整理などで行き場を失ってしまった古道具、骨董品、故人の収集品などの売却、処分にお困りの際は是非弊社にご相談下さい。

買取品目の多さは業界随一!関西エリアは即日対応も可能です。どんな些細な事でもかまいませんのでまずはお気軽にご相談下さい。

077-507-3277 午前9時〜午後9時(年中無休)