田原陶兵衛 陶磁器 骨董品 買取 奈良県 黒滝村

2015/05/11

奈良県 黒滝村にて田原陶兵衛の茶器、酒器等の陶磁器や趣味で集めておられた骨董品、古道具、掛軸を多数買い取りさせて頂きました。ご依頼主様は、なんでも鑑定団に過去2回も出演された事があるくらいの古美術品、骨董品の愛好家で、30年間に渡ってお父様と一緒に収集されたコレクション類は人間国宝作家物の陶磁器類から絵画、茶道具、掛軸など合計100点程ございました。好きで集めておられたお品だけに、コレクションの保存状態も良好でしたので現在の需要を元に鑑定士と共に一点一点大切に精一杯の買い取りさせて頂きました。

ご紹介のお品は田原陶兵衛の徳利、酒器です。

田原 陶兵衛 十二代 『たはら とうべえ 大正14年 6月19日 〜 平成3年 9月27日』は、日本の陶芸家。
十代陶兵衛の二男として山口県長門市に生まれる。長兄11代田原陶兵衛に後継者がいなかった為、家業陶芸を継承し、父や兄(十一代)に陶芸を学んだ。1956年に、兄の死去により十二代を襲名。
田原家は赤川助左衛門の系統を引く深川御用窯(深川萩)の陶芸一族としての名跡。1866年(慶応2年)8代赤川喜代蔵の時に嫡男謙治が赤川性から田原姓に改姓した。十二代田原陶兵衛は独自の高麗朝鮮陶器の研究、茶道への造詣を深めて茶陶中心に作品を発表した。田原陶兵衛は田原家当主が代々襲名し現在に至る。現在「田原陶兵衛」の名跡は13代。

あい古物買取サービスでは骨董品、古道具、掛軸・屏風、古美術品、茶道具、古書、絵画、木彫、ブロンズ像、古家具、楽器、オーディオ、切手コレクション、古銭など多岐にわたるジャンルの買い取りが可能です。遺品整理や倉整理で、これらのお品が出て来たらご本人の判断で捨ててしまう前に一度お電話にてご相談下さい。

京都府、滋賀県、奈良県、大阪府、兵庫県(神戸市、芦屋市、西宮市、宝塚市)を中心に関西全域出張査定無料でご自宅までお伺い致します。

077-507-3277 午前9時〜午後9時迄