荒井寛方 掛軸 骨董品 古道具 買取 京都市 東山区

2014/11/26

京都市東山区にて 荒井寛方の掛軸や戦前の古道具、骨董品、唐木の茶箪笥、桐箪笥等を買い取りさせて頂きました。

荒井寛方は近代の日本画家 明治11年「1878年」8月15日 生〜 昭和20年「1945年」4月16日 没
紋所、提灯の上絵を描く家に生まれた。父、藤吉は素雲と号し瀧和亭に師事して南画を学んでいた。
明治32年「1899年」瀧和亭の勧めで水野年方に入門、歴史画 ・ 風俗画を学ぶ。翌年、年方から「 寛方 」の号を与えられ同門の四天王の一人と称される。明治34年「1901年」第10回日本絵画協会共進会に風俗画「温和」を出品し、2等褒状を受け、以後同会で受賞を重ねる。翌35年「1902年」国華社へ入社、同社出版の古美術雑誌『国華』で掲載する木製複製図版用に仏画模写の仕事を通じて画家として修練を積んだ。第一回文展に「菩提樹下」が入選し第二回から第四回展まで連続受賞。この頃巽画会や紅児会にも参加し原三渓の庇護を受ける。

大正3年「1914年」再興第一回院展で「暮れゆく秋」( さくら市ミュージアム蔵 )を出品し院友となる。翌年、第二回展の「乳糜供養」では、スジャータが粥を釈迦に捧げる場面を描いて院の東洋主義的理想とも合致し、中村岳陵・冨田溪仙と共に同人に推される。以後は院展で活躍した。大正5年「1916年」詩人のラビンドラナート・タゴールに招かれて、ビチットラ美術学校の絵画教授としてインドに渡り、アジャンター石窟群の壁画などを模写。大正7年「1918年」帰国後は仏教関連に多く題材を得て院展を中心に作品を発表、「仏画の寛方」と呼ばれ大正期院展の傾向であるインド的趣向の代表者として認められた。
大正13年「1924年」から翌年にかけて中国を訪問。この頃から画風が変わり伝統的な日本の古典に取材するようになる。大正15年「1926年」、渡欧しローマの遺跡などを訪問。昭和15年「1940年」から法隆寺金堂壁画の模写事業の主任画家に選ばれ、春秋は斑鳩の里の阿彌陀院に住み模写に力を注いだが、昭和20年福島県郡山駅で急逝し、完成を見ることはなかった。

住環境の変化で日の目を見なくなった掛軸や骨董品、古道具等はありませんか?あい古物買取サービスでは骨董品、古美術、古道具、古家具、コレクション品、絵画、オーディオ、楽器等、幅広いジャンルの買取をさせて頂いています。中国骨董品、掛軸等は特に高価買い取りさせて頂きます。気になったらどんな些細な事でも結構ですのでお電話にてお問い合わせ下さい。京都、滋賀、大阪、奈良、兵庫(神戸市、西宮市、芦屋市)を中心に関西全域出張査定無料でご自宅までお伺い致します。

077-507-3277 午前9時〜午後9時迄