荒木 高子の長石白釉扁壺を買取させて頂きました。

2020/07/21
生前整理を期に、骨董品の断捨離をされる事になったお客様に、出張買取をご利用頂きました。
写真にて紹介させて頂いているお品物は今回お譲りいただいた、陶芸家「荒木 高子」の「長石白釉扁壺」です。
長石白釉の技法を用いて制作されたこちらの扁壺は、艶と潤いのある美しい質感を見せています。
決して派手ではなく、装飾性もあまりありませんが、清らかで爽やかな、なんとも言えない魅力があります。
 
作家 / 荒木 高子(あらき たかこ)
作品名 / 長石白釉扁壺
サイズ /直径 約19cm ・高さ 約14cm
付属品 / 共箱・経歴書
 

荒木 高子/ 陶芸家

1921年、兵庫県西宮市にて、華道未生流宗家の10人兄弟の次女として生まれる。
15歳で家元である父・荒木 白鳳が死去し、家元代行を継承する。
1950年頃からガラスオブジェの制作を開始する。1952年、「須田剋太」に師事し、絵画を学ぶ。
1956年、関西で起こった美術運動に関わりを持っていた荒木は、自身の勉強と前衛芸術家たちの作品発表の場を兼ねて、現代美術を専門に扱う「白鳳画廊」を開設。その名は父の名前にちなんで名付けられた。
当時、女性経営者が前衛美術を専門に取り扱うということは、全国でも類をみないものであった。
白鳳画廊では、「津高和一」や「森口宏一」らの個展、「DELTA」や「T造形団」といった前衛団体の展覧会の開催、矢内原伊作所蔵の「アルベルト・ジャコメッティ」のデッサン展などを開催し、モダニズムの草分けとなった。
1960年、経営難により閉廊。翌年には渡米し、「ニューヨーク・アート・スチューデンツ・リーグ」で彫刻をんだ。
当時アメリカでは「草間彌生」「アンディ・ウォーホル」「ロイ・リキテンスタイン」などを代表とする、ポップ・アートが花開いた時代だった。
1962年に帰国し、地元西宮に釜を築き作陶を開始。1965年には個展を開催した。
荒木の初期の作品は、黒陶の製法で作られた、チューブを少し湾曲させような作品や、球体にシルクスクリーンで新聞や写真を転写した「プリンテッド・ボールズ」など、研究を重ね、独自の製法で新たな陶芸の世界を展開していった。
1978年、京都で開催された「日本クラフト・コンペ展」で発表された「聖書シリーズ」は荒木の名を世に知らしめることとなった。
1979年、「黄金の聖書」「砂の聖書」「燃えつきた聖書」が「第5回日本陶芸展」で最優秀作品賞を受賞。
聖書シリーズは82歳で生涯を閉じるまで20年にわたり制作された。
陶器にシルクスクリーンの技法で丹念に写し取られた聖書の文言。今にも崩れ落ちそうな様相。
それらは、いかに強固な信仰であっても、いずれ朽ち果て、土へと還ってゆく、その一瞬を表現している。
見る物の心の奥底に働きかけ、様々な思いを呼び覚ます、深い精神性を表現した荒木の作品は、国内外で高い評価を受けている。
 

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、コレクション品の出張買取をしています。

買取ジャンルの多さは業界随一!

世界の一流美術品から趣味の品、古家具、家財品にいたるまで、経験豊富な専門鑑定士があなたの大切なお品物を一点ずつ丁寧に査定致します。

お引っ越し、遺品整理、コレクション整理、空き家整理などでお困りの際はお気軽にご相談下さい。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井まで出張査定無料でご自宅までお伺い致します。

弊社では骨董品や古道具のリサイクルを通して、古い文化を次世代に残し伝えると共に、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動させて頂いています。

 0120-994-469 午前9時~午後9時(年中無休)