速水御舟リトグラフ炎舞を買取させて頂きました。

2020/11/20

遺品整理を機会に断捨離される事になった掛軸、版画のコレクションを買取させて頂きました。

画像のお品は今回の出張買取でお譲り頂いた日本画家 速水御舟のリトグラフ『炎舞』です。

夜の暗闇の中、炎に舞う昆虫を幻想的に描いた速水御舟の最高傑作。本作品は1977年(昭和52年)国の重要文化財に指定され日本画史上最高傑作の一つとして広く知られています。日本郵政の切手にも採用されていた事から一度は目にした方も多いのではないかと思います。

『炎舞』は速水御舟が31歳 (1925年(大正12年))の夏、家族とともに訪れた軽井沢での取材を元として描かれたと言われています。

原作サイズは 縦120cm横53.3cm。山種美術館蔵

タイトル 炎舞(リトグラフ )

作家 速水御舟 はやみずぎょしゅう

限定 239/350部

総監修 吉田耕三

原画所蔵 監修/協力 山種美術館

制作 版画工房アトリエMMG

速水御舟 はやみず ぎょしゅう

速水御舟は東京生まれの日本画家。1894〜1935

旧制は蒔田、名は榮一。浩然、禾湖、御舟と号した。14歳で同じ町内に住む日本画家、松本楓湖(まつもと ふうこ)に師事する。その後、巽画会、烏合会で入選する。その後、紅児会、赤曜会をベースに活躍し今村紫紅(いまむら しこう)らと新日本画運動を起こした。

1917年院展の出品作品『洛外六題』を機会に広く知られる様になる。

1930年にはイタリアローマで開催された日本美術展の為に横山大観らと共に渡欧しその後の芸術性に大きな影響を受け帰国後には印象性の強い写実や、装飾的な図柄の作品を数多く残した。

1935年腸チフスを煩い他界。享年40歳。

代表作には『炎舞』『京の舞妓』『翠苔緑芝』『名樹散椿』などがある。

 

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、コレクション品の出張買取をしています。

買取ジャンルの多さは業界随一!

世界の一流美術品から趣味の品、古家具、家財品にいたるまで、経験豊富な専門鑑定士があなたの大切なお品物を一点ずつ丁寧に査定致します。

お引っ越し、遺品整理、コレクション整理、空き家整理などでお困りの際はお気軽にご相談下さい。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井まで出張査定無料でご自宅までお伺い致します。

弊社では骨董品や古道具のリサイクルを通して、古い文化を次世代に残し伝えると共に、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動させて頂いています。

 0120-994-469 午前9時~午後9時(年中無休)