ボンボニエールを買取しています。

[記事公開日]2020/02/13

ボンボニエール

ボンボニエールとは19世紀末以降、日本の皇室が結婚や出産、即位など慶事の際に配られる、小さな記念品ギフトボックスの事で、元々の語源は(Bonbonnière フランス語)でボンボン(砂糖菓子)を入れる菓子器からきている。

皇室におけるボンボニエールの歴史は明治22年憲法配布記念式典に始まりそれ以降現在まで続いている。ボンボニエールの多くは銀製ですが真鍮、陶器、木製漆器の物も存在する。様々な動植物や歴史にまつわる文物などがモチーフになっていて、その本体の多くには天皇家の十六菊花弁の紋や旧宮家の紋が施されている。

あい古物買取サービスでは天皇家、秩父宮家、高松宮家、三笠宮家、共通紋、有栖川家、伏見宮家、梨元宮家、山階宮家、久邇宮家、小松宮家、北白川宮家、閑院宮家、東伏見宮家、朝香宮家、東久邇宮家、竹田宮家、華頂宮家などの皇族にまつわるボンボニエールを高価買取致しております。他業者との相見積もりとしても是非ご利用ください。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、美術品、コレクション品の出張買取をしています。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井を中心に、ご自宅まで出張査定にお伺い致します。 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

あい古物買取サービスでは骨董品や古道具のリサイクルを通して古い文化を次世代に残し伝えるとともに、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動しています。