何紹基の作品を買取しています。

[記事公開日]2019/05/22

何紹基

何紹基 カショウキ He Shaoji は清時代に活躍した詩人、書家、学者、文化人。西暦1799年~1873年(嘉慶4年〜同治12年)。

字は子貞。東洲、猨叟などと号した。湖南道州の人。

戸部尚書であった何淩漢の長子として生まれ、他三人の兄弟も書をよくしたので『何氏四傑』と称された。何紹基の書には、顕著な書法上の成果があり、鄧石如、伊秉綬を継いで晩清の書壇における最も著名な碑学の大家として知られている。四体すべてに工みで、楷書は唐時代の書家、顔眞卿を学び『張黒女墓詩』を加え、温和な中に峻抜をたたえた。行草書には『顔(真卿)七、魏三』の称があり、新生面を開いた。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、美術品、コレクション品の出張買取をしています。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井を中心に、ご自宅まで出張査定にお伺い致します。 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

あい古物買取サービスでは骨董品や古道具のリサイクルを通して古い文化を次世代に残し伝えるとともに、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動しています。