弘仁の作品を買取しています。

[記事公開日]2018/10/01

弘仁

弘仁 (こうじん Hongren)は中国、明時代末期〜清時代初期に活躍した画僧。西暦1610年~1663年(明・万歴38年~清・康煕2年)。故郷の川に因んで漸江、漸江学人と号した。別号には梅花古衲、俗名は江韜、字は六寄。安徽省歙県の人。

明の諸生になり官位に就くが、35歳のとき南京が陥落。その後、唐王に仕え福建で清軍に抵抗するも壊滅。その後武夷山に入り、古航禅師道舟の元で出家した。禅の修行の傍ら詩画の修練を行った。山水の筆法は倪雲林、黄公望を学び、結構は緊密、気象は荘厳、渇筆は松秀、気韻は荒寒であった。黄山を描いてその名を称され『新安画派』『黄山派』の基礎を固めた一人と言われている。海陽四大家の一人。その他にも石濤、髠残、とあわせて明末三高僧、八大山人を加えて四大名僧と称されている。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、美術品、コレクション品の出張買取をしています。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井を中心に、ご自宅まで出張査定にお伺い致します。 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

あい古物買取サービスでは骨董品や古道具のリサイクルを通して古い文化を次世代に残し伝えるとともに、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動しています。