王原祁の作品を買取しています。

[記事公開日]2018/09/13

王原祁

王原祁 [おうげんき Wáng Yuán qí] は中国、清時代初期に活躍した文人画家。西暦1642年~1715年(明・崇禎15年~清・康煕54年)。 王時敏の孫。四王呉惲(しおうごうん)の一人。字は茂京。麓台と号した。江蘇大倉の人。

幼い頃から祖父・王時敏や王鑑らに南宗画の英才教育を受け、王公望を宗とした。後に清初の文人画風の典型を作るなどして清時代、中・後期の山水画に大きな影響を及ぼした。

西暦1670年(康熙9年)29歳の時に進士。その後昇進し、宮廷供奉画家として書画鑑定にも関わった。『佩文斎書画譜』を編纂するとともに、『万寿盛典図』の制作をとりしきった。

詩文にも優れ『芸林三絶』と称された。弟子が極めて多く『婁東派』を結成した。

著書には『兩窓漫室』や『麓台跋画録』などがある。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、美術品、コレクション品の出張買取をしています。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井を中心に、ご自宅まで出張査定にお伺い致します。 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

あい古物買取サービスでは骨董品や古道具のリサイクルを通して古い文化を次世代に残し伝えるとともに、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動しています。