石濤の作品を買取しています。

[記事公開日]2018/10/22

石濤(せきとう、Shitao)は中国、清時代初期に活躍した画僧。西暦1642年~1707年(明・崇禎15年~清・康煕46年)。

姓は朱、字は石濤。僧、俗名は失若極、法名は元済。清湘陳人・大滌子・苦瓜和尚・小乗客・瞎尊者などと号した。広西金洲の人。

明の靖江王の出身(父は靖江王朱亨嘉)。四歳の時に明朝が滅亡しに湖北省武昌に逃げて出家。松江九峯で臨済宗天童派の木陳道忞、旅菴木月に禅を学んだ。晩年期には南京で修禅して各地を歴遊。

山水、花鳥、人物をよく描き得意とした。石濤の描く画は生活の修養を重視し、『奇峰を捜尽して草稿を打つ』という観点を示した。構図は新鮮で妙趣があり、筆意は縦横に奔放、気息は清新。

髠残、弘仁、八大山人と合わせて清初四画僧と称される。

代表作「黄山図巻」「黄山八勝画冊」ほか。

著書「画語録」ほか。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、美術品、コレクション品の出張買取をしています。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井を中心に、ご自宅まで出張査定にお伺い致します。 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

あい古物買取サービスでは骨董品や古道具のリサイクルを通して古い文化を次世代に残し伝えるとともに、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動しています。