陶芸作家 須田 祥豊 (すだ しょうほう)の作品を買取り致します。

[記事公開日]2016/10/27
[最終更新日]2017/06/01

あい古物買取サービスは、陶芸作家、須田 祥豊 (すだ しょうほう)の作品を出張査定、買取りしています。


須田 祥豊 (すだ しょうほう)は1885年(明治18年)京都府生まれの陶芸作家。

朝鮮、唐津、仁清、高取、青井戸、京焼き、瀬戸、伊羅保、三島、光悦、信楽、安南、三島など様々な写しを得意とした作家で、その幅広い作風により幻の名工として知られています。

祥豊は茶陶に深く精通しており、道具としての使用感に特に重視して作品を作りました。制作された茶器は、重すぎず、軽すぎず、大きすぎず、小さすぎない絶妙なサイズ感が茶人達からの評価が高く今尚愛され続けています。

幼いころから家業であった製陶業に触れて育った祥豊は自然と作陶の道に進む事になりました。明治時代末期には自らを祥雲と称し茶陶制作をメインとして活動を開始。

その後、1925年(大正14年)に裏千家14代家元・淡々斎宗匠から祥豊の号を与かりました。

また同年、大徳寺四百八十八世・円山伝衣師より、如拙庵の号を与かりました。

1928年(昭和3年)陶友会の講師として東京に出張する。

1974年(昭和49年)永眠。


京都、滋賀、奈良、三重、大阪、兵庫(神戸市、芦屋市)を中心に西日本全域出張査定無料でご自宅までお伺い致します。※ 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

077-507-3277 午前9時〜午後9時 (年中無休)