人間国宝 井上萬二 陶磁器 銘々皿 美術品 骨董品 買取 京都市

2015/05/19

京都市右京区にて、遺品整理の際に出て来た人間国宝作家、井上萬二の白磁銘々皿、酒井田柿右衛門の煎茶茶碗、濱田庄司の花器、幕末〜明治時代に書かれた掛軸・屏風、大正時代の古家具(唐木の茶箪笥、桐箪笥、近江の水屋箪笥)を買い取りさせて頂きました。

画像紹介のお品は、人間国宝 井上萬二 白磁の銘々皿です。

井上 萬二『イノウエ マンジ 1929年3月24日 〜 』 は、日本の陶芸家。1995年に人間国宝に認定された、日本工芸会参与、有田陶芸協会顧問。
佐賀県西松浦郡有田町出身。生家は窯元であったが軍人を志し、15歳で海軍飛行予科練習生となった。翌1945年に復員して、父の勧めで酒井田柿右衛門の元で働き始めた。修行7年目の1952年頃に奥川忠右衛門の作品に衝撃を受けて、門下生となり白磁や轆轤の技法を学ぶ。1958年に酒井田柿右衛門窯を退職して、県立有田窯業試験場の技官として勤務した。その傍らで独自の意匠や釉薬の研究に励む。
1969年にペンシルベニア州立大学から有田焼の講師として招かれて渡米、5ヶ月間に渡って担当した。海外での活動は、ドイツなどでの個展や2002年3月のモナコ国王の在位45年記念の展覧会、個展等、多岐にわたる。
1968年に第15回日本伝統工芸展で初入選を果たした。1977年に全国伝統的工芸品展通産大臣賞、1987年には第34回日本伝統工芸展で文部大臣賞を受賞する。1995年5月31日に重要無形文化財『白磁』保持者に認定される。1997年紫綬褒章を受章した。
2007年現在、有田町で息子の井上康徳と共に井上萬二窯と平屋建てのギャラリーを構えている。華やかな絵付けが中心の有田焼の中で、白磁に徹するという独特の制作を続けている。教え子は既に500人、アメリカでも150人を超えて、なお後進の育成にも力を注いでいる。

あい古物買取サービスでは、遺品整理や倉整理で、出て来た古道具や骨董品、掛軸・屏風、茶道具、古書、古布、工芸品、鉄瓶、古銭、段通カーペット、古家具、楽器、おもちゃ、贈答品など、多岐にわたるジャンルの同時買い取りが可能です。素人目にはガラクタにしか見えない様な、ホコリだらけで使い方の分からない道具類でも価値があるものがございます。掛軸・屏風、古書は破れていたりシミがあっても買取出来る場合が多々ございますので、処分される前に一度お電話にてご相談下さい。

京都府、滋賀県、奈良県、大阪府、兵庫県(神戸市、西宮市、芦屋市)を中心に西日本全域出張査定無料でご自宅までお伺い致します。

077-507-3277 午前9時〜午後9時迄