十四代沈壽官の白薩摩花入を買取させて頂きました。

2021/06/13

家屋の売却を期に、故人が収集されていた陶磁器などの美術工芸品を出張買取させて頂きました。

収集されていたお品物の多くは昭和から平成にかけて活躍された薩摩焼や備前焼の現代作家の作品が中心で無形文化財を含むおよそ300点。故人の思い出の詰まった大規模なコレクションをあい古物買取サービスにお譲り頂き本当にありがとうございました。

写真で紹介させていただいているお品物は、今回の出張買取でお譲り頂いた十四代沈壽官作、白薩摩の花入です。14代が得意とした南天が繊細なタッチで描かれた愛らしいお品。十四代の作品は個展か工房でしか手に入れる事が出来なかった為とても希少でした。共箱に付属していたメモ書きには、昭和42年に工房にて直接購入された記録がありました。

作者 十四代 沈壽官 (じゅうよんだい ちん じゅかん)

制作地 日本

制作時代 昭和中期

付属品 共箱

サイズ 高さ およそ25cm  直径 およそ12cm

十四代沈壽官

十四代沈壽官 じゅうよんだいちんじゅかん 本名 大迫恵吉 おおさこけいきち は、1926年(大正15年)12月3日生まれの陶芸家。

16世紀末、豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に朝鮮半島から薩摩へ連れてこられた朝鮮陶工の末裔として薩摩焼を通し、自らのルーツである韓国と日本との文化交流に尽力した。

1964年 十四代沈壽官を襲名。

1989年 国内で初めて韓国名誉総領事に任命される。

1993年 第四回フランス国債陶芸ビエンナーレで、フランス政府首相奨励賞を受賞。同年、鹿児島県民表彰( 最高表彰)を受賞。

1999年 日本文化デザイン会議 日本文化デザイン賞を受章。同年、日本人として初めて韓国銀冠文化勲章を受章。 

2000年 母校である早稲田大学から芸術功労賞を受章。

2019年 肺炎のため永眠 享年92歳

著書 日本のやきもの 韓国のやきもの ほか

 

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、コレクション品の出張買取をしています。

買取ジャンルの多さは業界随一!

世界の一流美術品から趣味の品、古家具、家財品にいたるまで、経験豊富な専門鑑定士があなたの大切なお品物を一点ずつ丁寧に査定致します。

お引っ越し、遺品整理、コレクション整理、空き家整理などでお困りの際はお気軽にご相談下さい。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井まで出張査定無料でご自宅までお伺い致します。

弊社では骨董品や古道具のリサイクルを通して、古い文化を次世代に残し伝えると共に、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動させて頂いています。

 0120-994-469 午前9時~午後9時(年中無休)