長谷川武次郎 ちりめん本 古書 版画 骨董品 買取 滋賀県 草津市

2015/03/22

滋賀県 草津市にて倉整理の際に出て来た版画、ちりめん本、古書、掛軸、屏風、茶道具、明治時代の工芸品・古道具、古家具(桐箪笥、茶棚)を買取させて頂きました。

ご紹介の写真は長谷川武次郎 ちりめん本です。

「ちりめん本」(縮緬本)は、主として明治期にで出版された物です。

和紙に木版多色刷りにしたものを特殊な加工でしわを作って布の縮緬のような手触りをもたせて和綴じにした絵本の事。文章は英語、フランス語等。題材は桃太郎など日本の昔話が多い。長谷川武次郎が考案して明治18年(1885)長谷川弘文社より刊行開始。日本文化を欧米に紹介する目的で作られた。絵本のほかカレンダー等も刊行。

古書や版画、掛軸、屏風等の骨董品はシミがあったり汚れていても買取出来る場合がございます。一見ガラクタにしか見えない物でも価値がある物もございますのでご自分の判断で処分される前に一度お電話にてご相談下さい。京都府、滋賀県、奈良県、大阪府、兵庫県(神戸市、西宮市、芦屋市、宝塚市)和歌山県を中心に関西全域出張査定無料でご自宅までお伺い致します。個人様以外にも法人様による大規模な買い取りにも対応させて頂きます。

077-507-3288 午前9時〜午後9時迄