与 勇輝(あたえ ゆうき)の人形を買取しています。

[記事公開日]2020/06/08

与 勇輝(あたえ ゆうき) / 人形作家

 
1937年、神奈川県川崎市に生まれる。
竹籠や木のスプーン、桶など、家で使用する道具を全て手作りする父親、手芸や裁縫が得意な母や姉など、物作りが得意な家族に囲まれて育ちました。
自身も、絵や工作など物作りが大好きで、身の回りの物は全て自分で作ってしまうという、手先の器用な子供でした。
1956年、商業高校を中退後、義兄の勧めでマネキン制作会社に就職し、デザイン、制作、ディスプレー等に携わります。
20年ほど勤務しますが、人形製造の工業化が進み、樹脂を型に流し込む製造法に変わった事によりやりがいを失っていた頃、人形作家・曽山武彦氏の木綿の人形と出会います。
素朴さと暖かさを持つ木綿の魅力に魅せられ、これをきっかけとして、人形作りにのめり込むようになります。
マネキン制作技法を取り入れた独自の手法を編み出し、1970年には川本喜八郎や辻村寿三郎ら人形作家グループによる「第2回グラッブ人形展」へ参加します。
その後も、毎日新聞社刊、人形絵本「シンデレラ」「ピノキオ」の制作に携わり、1977年にはギャラリーヤエスにて個展を開催し、人形作家として活躍していきます。
 
与の作る、日本の原風景を思わせるノスタルジックな人形たち、そのほとんどは子供をテーマにした作品です。
これは「子供が好きだから」という理由ではなく、一貫して自分の幼年時代のイメージから生まれているそうです。
8歳の時に終戦を迎え、敗戦後の混乱と荒廃、その後続いた食糧難、その中を懸命に生き抜く人々を見て育った与。
「ころげまわった広い原っぱ、天神さまの赤い椿、神社の森と真っ赤な夕焼け、いつもメダカのように群れて遊ぶ子供たちを自然は母のように大きな懐で包んでくれていた。あの頃の記憶が脳裏から消えない限り、これからも子供の人形を作り続けるでしょう」と語っています。与にとって人形とは、自分を凝縮させて姿形を変えた分身、つまり、自分を映し出す鏡なのです。
 
略歴
 
1937(昭和12年)
9月17日・神奈川県川崎市に生まれる。
1953(昭和28年)
川崎市立商業高等学校中退。
1956(昭和31年)
マネキン人形の会社に就職。デザイン、制作、ディスプレー等に携わる。
1963(昭和38年)
日本デザインスクール卒業。
1965(昭和40年)
マネキン会社に務めるかたわら、布の材質にこだわり、創作人形を作り始める。
1968(昭和43年)
人形作家・曽山武彦氏に師事する。
1970(昭和45年)
川本喜八郎や辻村寿三郎など、人形作家グループ「第2回グラッブ人形展」に参加。
1971(昭和46年)
毎日新聞社刊・飯澤匡監修、土方重巳デザインの人形絵本「シンデレラ」「ピノキオ」人形制作担当。
1977(昭和52年)
ギャラリー・ヤエスにて個展開催。
サンリオ映画「くるみ割り人形」人形制作。
1979(昭和54年)
彩鳳堂画廊にて個展。
1981(昭和56年)
彩鳳堂画廊にて個展。
1983(昭和58年)
マネキン会社退職。人形制作に専念。
1984(昭和59年)
銀座松屋「人形代表作家13人展」出品。
1986(昭和61年)
日本テレビ「美の世界」テレビ朝日「徹子の部屋」出演。
銀座松屋にて、「子供の刻・与 勇輝人形展」開催。
1987(昭和62年)
テレビ東京「人間大好き」出演。
大阪八尾デパートホール「現代人形の造型展」出品。
いわさきちひろ絵本美術館にて「与 勇輝といわさきちひろ展」開催。
1988(昭和63年)
彩鳳堂画廊にて個展。
1989(平成元年)
川崎市中原文化祭に出品。
1990(平成2年)
「与 勇輝人形作品集」刊行。
銀座松屋にて「魅惑の人形たち・与 勇輝作品展」開催。
札幌、大阪、福岡など全国6ヶ所を巡廻展。
1991(平成3年)
パリ装飾芸術美術館「世界の人形・今昔展」出品。
NHK趣味百科「人形を作る」講師就任。
1992(平成4年)
東京美術倶楽部「東美特別展」彩鳳堂画廊ブースにて個展。
1993(平成5年)
山梨県河口湖町立河口湖ミューズ館・与 勇輝館開館。
1994(平成6年)
フォトストーリー「ニングル」を倉本聰氏と出版。
テレビ朝日「徹子の部屋」出演。
「妖精の森・与 勇輝展」を全国9会場で開催。
1995(平成7年)
「郷愁の人形・与 勇輝展」を全国3会場で開催。
河口湖町特別町民称号を受ける。
1996(平成8年)
「子供の情景・与 勇輝展」を全国5会場で開催。
1997(平成9年)
岐阜県大垣にて「魅惑の人形たち・与 勇輝展」を開催。
1998(平成10年)
「与 勇輝の世界展」を全国9会場で開催。
NHKの連続テレビ小説「天うらら」にて人形制作指導。
松竹映画「落下する夕方」に作品「小春」を貸与。
1999(平成11年)
東映映画「鉄道員(ぽっぽや)」に作品「雪子」を制作。
NHK「土曜美の朝」に出演。
2000(平成12年)
舞浜イクスピアリにて「ピアリ」シリーズを発表。
ニューヨークにて「The World of YUKI ATAE」を開催。
テレビ朝日「与 勇輝の世界・神様のかくれんぼ」放送。
2001(平成13年)
テレビ朝日「徹子の部屋」出演。
「神様のかくれんぼ・与 勇輝展」を全国7会場で開催。
2002(平成14年)
「与 勇輝の世界展」を全国16会場で開催。
2003(平成15年)
いわさきちひろ美術館にて「もの想う人形たち・与 勇輝展」開催。
2006(平成18年)
パリ・バカラ美術館にて「EXPOSITION ATAE YUKI」開催。
テレビ朝日「徹子の部屋」出演。
パリ・バカラ美術館・開催記念展「人形芸術の世界」を全国23会場で開催。
2007(平成19年)
川崎市民文化大使に任命。
日本香堂のお線香「かたりべ」のCMキャラクター「こころちゃん」制作。
2008(平成20年)
サンパウロにて「郷愁の日本・与 勇輝人形展(ブラジル日本移民100周年記念事業)」開催。
卓越した技能者(現代名工)受賞。
2010(平成22年)
テレビ朝日「徹子の部屋」出演。
「昭和・メモリアル・与 勇輝展」を全国16会場で開催。
2013(平成25年)
川崎市民ミュージアムにて「与 勇輝展・物語のなかに」開催。
2014(平成26年)
しもだて美術館にて「郷愁の譜・与 勇輝展」開催。
倉吉博物館にて「与 勇輝展・昭和の情景」開催。
2015(平成27年)
川越丸広百貨店にて「郷愁の譜・与 勇輝展」開催。
2018(平成30年)
パリ日本文化会館にて傘寿記念「与 勇輝展・布の彫刻・日本の情景」開催。
テレビ朝日「徹子の部屋」出演。
「パリ凱旋・傘寿記念・与 勇輝展・創作人形の軌跡」開催。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、美術品、コレクション品の出張買取をしています。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井を中心に、ご自宅まで出張査定にお伺い致します。 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

あい古物買取サービスでは骨董品や古道具のリサイクルを通して古い文化を次世代に残し伝えるとともに、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動しています。