文微明の作品を買取しています。

[記事公開日]2018/02/09

文微明

文微明 ぶんちょうめい は中国、明時代中期の文人、画家、詩人。西暦1470年11月28日~1559年3月28日(成化6年11月6日~嘉靖38年2月20日)

初字は壁、字は微明としたが、後に徴仲と改め、衡山、衡山居士、停雲生と号した。江蘇、蘇州の人。

官宦の家の出身で、父の文林は温州知府をもって官を辞した。

しばしば科挙に応じるが登第せず、50歳で頁生となって史部の勧めで幹林院待詔に任じられたが、三年で辞職し帰郷した。

詩文、書画共に秀れており、祝弁明、唐寅、徐禎卿らと切磋琢磨し、人々から『呉中の四才子』と称された。

画は山水、花鳥を得意とし呉派文人画の長である沈周の後を受け継ぎ、沈周・唐寅・仇英とともに『明代四家』の一人に数えられる。

初め沈周に師事し、後に宋元の諸家に出入りした。文微明の画く山水画は趙孟頫に近く兼ねて王蒙の神韻、董源の筆意を習得して、多くの江南の湖山庭園と文人生活を描いた。構図は平穏かつ厳密、筆墨は優雅でかつ整っており、気韻は清和問適で、重厚な書巻の気をも含んでいる。書は隷書、行書、楷書の各体を得意とした。楷書は晋唐の名韻を範とし、行書は黄庭堅、趙孟頫の長所をとり瀟酒かつきびしさがある。

著書『甫田集』

代表作 

『金焦落照図』上海博物館

『雨余春樹図』台北国立故宮博物院 ほか 多数。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、美術品、コレクション品の出張買取をしています。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井を中心に、ご自宅まで出張査定にお伺い致します。※ 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

あい古物買取サービスでは骨董品や古道具のリサイクルを通して古い文化を次世代に残し伝えるとともに、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動しています。

0120-994-469 午前9時~午後9時 (年中無休)