明陳淳の作品を買取しています。

[記事公開日]2018/03/27

明陳淳

明・陳淳 みん・ちんじゅん ming・chen chun は中国、明時代中期に活躍した文人、画家。西暦1483年~1544年(明・成化19年~嘉靖23年)

字は道復、後に復甫とあらためた。白陽、白陽山人と号した。江蘇蘇州の人。経済、詩書、を得意としたが生涯士官することなく、文人画家を生業とした。文徴明に師事し書画を学ぶも師方にとらわれることはなかった。後に米芾や沈周の画法を習得。花卉の写意を最も得意とした。淡墨で淡い色合い、清爽な風格、意趣はあふれ、徐渭、八大山人らの画風の先駆者となった。『青藤白陽』と称され、明代文人画における写意花鳥派の代表とされる。山水は米友仁、高克恭を学び、筆墨は縦横ででかつ規範を失わなかった。書は楊凝式、林藻を学んで老筆に及んでは新意を出した。著書「白陽山人集」ほか。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、美術品、コレクション品の出張買取をしています。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井を中心に、ご自宅まで出張査定にお伺い致します。※ 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

あい古物買取サービスでは骨董品や古道具のリサイクルを通して古い文化を次世代に残し伝えるとともに、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動しています。

0120-994-469 午前9時~午後9時 (年中無休)