歸昌世の作品を買取しています。

[記事公開日]2018/11/11

歸昌世(きしょうせい、ki syou sei)は中国、明時代末期に活躍した文人画家。篆刻家。西暦1573年~1644年(明・万歴元年~明・崇禎17年)。

字は文休。仮庵と号した。江蘇崑山 (江蘇省) の人。歸有光の孫。

書画、篆刻をよくし、李流芳、王志堅とともに三才子と称された。山水は元の四大家を学んだ。その中でも倪瓚(げいさん)黄公望(こうこうぼう)への傾倒が強く蘭竹を極めた。画風は沈着かつ情趣にあふれている。

著書 『仮庵集』ほか

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、美術品、コレクション品の出張買取をしています。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井を中心に、ご自宅まで出張査定にお伺い致します。 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

あい古物買取サービスでは骨董品や古道具のリサイクルを通して古い文化を次世代に残し伝えるとともに、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動しています。