沈周の作品を買取しています。

[記事公開日]2018/01/31

沈周

沈周 しん しゅうは中国、明時代中期の文人、書家。西暦1427年12月9日~1509年8月17日(宣徳2年11月21日~正徳4年8月2日)

字は啓南、石田、白石翁と号した。長州(現在の江蘇呉県)

生涯、仕官することなく書画詩文の創作を続けた。

黄庭堅を学んだ書には、変化に富み文字に傾きを加え、結体は穏やかで、筆使いは力強く、自ら一格を成した。

沈周の画く山水は宋元の諸家を法とし、広範に学びながらも自らの表現を新たに生み出した。それは、黄公望の壮烈、呉鎮の荘重、馬遠や夏珪のたくましさを兼ね備えた様で、簡潔かつ大胆な風格を作り上げた。

呉門派の宗師とされ唐寅・文徴明、仇英らと合わせ「明四家」と称された。また蘇州文壇の元老として書家としても歴史に名を残した。

著書『客座新聞』『石田集』ほか。

代表作には『廬山高図』1467年 台北国立故宮博物院蔵。『倣大癡山水図』1494年 上海博物館蔵 などがある。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、美術品、コレクション品の出張買取をしています。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井を中心に、ご自宅まで出張査定にお伺い致します。※ 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

あい古物買取サービスでは骨董品や古道具のリサイクルを通して古い文化を次世代に残し伝えるとともに、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動しています。

0120-994-469 午前9時~午後9時 (年中無休)