狩野芳崖の作品を買取しています。

[記事公開日]2019/12/21

狩野芳崖

カノウホウガイ kano hougai 1828年~1888年(文政11年~明治21年)は明治時代に活躍した日本画家。河鍋暁斎、菊池容斎らと狩野派の最期を飾った。幼名は幸太郎。別号は皐隣、松隣、勝海など。山口県生まれ。

長州豊浦藩の絵師、狩野春皐の第4子として生まれ、幼い頃から画に囲まれながら生活し自らも画家を志し13歳の時に狩野松隣として『孔丘尊像』『二宮祭礼図』を描く。

14歳の時に『翁図』、15歳の時に『馬関真景図』、『繋馬図』を描いた。

19歳で上京。木挽町狩野家に入門しおよそ10年間、勝川院雅信に師事する。同期入門した橋本雅邦と合わせて『勝川院の二神足』と称された。橋本雅邦とは生涯の親友となり互いに影響し合った。

30歳の時、木曽路を経て帰郷する。道中に『真景縮図』『嵐山地取』のスケッチを残した。帰郷後に結婚するもその後江戸に戻り、上江、大広間天井図を制作。

34歳の時『雪舟筆山水長巻』を模写。同時期に雪舟の画に大きな影響を受けたとされる。

37歳の時、馬関海峡の測量に従事し、38歳の時に『馬関彦島沖測量図』を完成。

40歳の時『寿老・鶴亀図』を父と合作し10月29日に家督を継ぐ。

43歳の時『墨竹図』『竹に虎図』を制作。

47歳の時『松本寒齋像』を制作。

56歳の時、籠池会例会にて第2回パリ日本美術縦覧会出品作家に指名される。同時期にフェノロサ(アメリカ合衆国の東洋美術史家)に雇われ『山水(雪舟暮渓図)』を制作。

57歳の時、第2回パリ日本美術縦覧会に『観音図』『山水』を出品。文化省御用掛となる。

58歳の時、第1回鑑画会大会に『伏龍羅漢図』『群鷹図』を出品。フェノロサの好評価を受けた。同時期、フェノロサの支唆によりワットマン紙に『山間水車図』を提供。

61歳の時肺炎のため他界。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、美術品、コレクション品の出張買取をしています。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井を中心に、ご自宅まで出張査定にお伺い致します。 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

あい古物買取サービスでは骨董品や古道具のリサイクルを通して古い文化を次世代に残し伝えるとともに、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動しています。