秦蔵六の作品を買取しています。

[記事公開日]2017/10/27

あい古物買取サービスでは秦蔵六の作品を出張買取しています。


秦蔵六はた ぞうろく)は山城国愛宕郡(京都府)出身、江戸時代幕末から明治時代にかけて活躍した鋳金家。

1868年(慶応3年)〜1890年(明治23年)

童名は米蔵。1825年(文政8年)22歳のとき京都の鉄瓶屋、二代龍文堂に師事する。

その後、独立して中国周漢時代の古銅器の研究に没頭。鋳金の技法である蠟型鋳造(ろうがたちゅうぞう)を得意とした。

独立と同時期に大和地方頻繁に訪れ、古代の鋳金作品を鑑賞、研究した。

江戸幕末期に孝明天皇の銅印を制作。将軍徳川慶喜の黄金印を制作して一躍有名になる。

その後、明治に入ってから天皇御璽・大日本国璽(印鑑)を手がけ、ますます評価される。

1890年(明治23年)86歳で永眠。

初代以降も『蔵六』の名と伝統の鋳金技法を代々、継承。現在は6代目(京都金属工芸共同組合理事長)。日本における金属工芸の第一人者として今日に至っています。

ご紹介させて頂いているお写真は、三代目蔵六と※富岡鉄斎の合作によって制作された茶托。(漢詩、五清図刀彫・富岡鉄斎)

富岡 鉄斎は、明治・大正期の文人画家、儒学者。日本最後の文人と謳われる。

秦蔵六の作品は現在、日本国内のみならず、中国や台湾を初め東アジアで人気が高まり、売却価格が高騰しています。

鉄瓶、銀瓶、茶入れ、香炉などの茶道具作品は特に高価買取しております。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、美術品、コレクション品の出張買取をしています。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井を中心に、ご自宅まで出張査定にお伺い致します。※ 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

あい古物買取サービスでは骨董品や古道具のリサイクルを通して古い文化を次世代に残し伝えるとともに、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動しています。

0120-994-469 午前9時〜午後9時 (年中無休)