陳洪綬の作品を買取しています。

[記事公開日]2018/12/11

陳洪綬(ちんこうじゅ、Chen Hong-shou)は中国、明時代末期〜清時代初期に活躍した文人画家。西暦1599年~1652年(万暦27~順治9)。

字は章候。老蓮、老遅、悔遅、弗遅などと号した。浙江省諸曁の人。

書画に秀で、人物や支女をよく描いた。画ははじめ浙派の画師である藍瑛や孫杕に学び、後に李公麟、趙孟頫、周昉から法を取り、唐・宋時代の名画から臨摹する事を通じて技法を学んだ。運筆は素早く、人物は誇張変形により偉容を表し、線は熟達し力強くいきよいがある。色使いには素朴な味わいがあり高古静寂な独自の画風を生み出した。同時代に北京で活躍していた崔子忠と合わせて『南陳北崔』と称された。

代表作 『宣文君授経図』、『陶淵明故事図』

著書 『宝綸堂集』ほか

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、美術品、コレクション品の出張買取をしています。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井を中心に、ご自宅まで出張査定にお伺い致します。 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

あい古物買取サービスでは骨董品や古道具のリサイクルを通して古い文化を次世代に残し伝えるとともに、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動しています。