陳継儒の作品を買取しています。

[記事公開日]2018/06/12

陳継儒

陳継儒 ちんけいじゅ tin-keijyu は中国、明時代末期に活躍した書家・画家。西暦1558年~1639年(嘉靖37年~崇禎12年)

字は仲醇、眉公・糜公と号した。華亭県泖橋(現在の上海市松江県)の人。董其昌(とうきしょう)と同郷で親友。早年は民生国家に関心を抱き、民間管界への影響は大きく、人々から『山中の宰相』と尊称された。その為度々度々宮廷から招聘されたが生涯仕官する事は無かった。子史百家に精しく詩文に秀でた。書法は蘇軾、米芾に学び、特に蘇書の収集に力を入れ、自ら『晩香堂帖』を模刻した。画は山水、墨竹を好み得意とした。

代表作には北京故宮博物院所蔵の『行書 七律詩』や、京都国立博物館所蔵の『墨梅図冊』などがある。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、美術品、コレクション品の出張買取をしています。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井を中心に、ご自宅まで出張査定にお伺い致します。※ 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

あい古物買取サービスでは骨董品や古道具のリサイクルを通して古い文化を次世代に残し伝えるとともに、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動しています。