雲谷等顔の作品を買取しています。

[記事公開日]2020/12/04
[最終更新日]2021/01/06

 雲谷等顔 ウンコク トウガン Unkoku Togan 1547年~1618年(天文16年~元和4年)は戦国時代末期・安土桃山時代・江戸時代初期にかけて活躍した画家。雲谷派の開祖。

名は治兵、のちに直治と改めた。別号には容膝がある。

肥前国津郡(佐賀県鹿島市)の人。能古見城主原直家のの次男。

天正年間の戦で父・直家が戦死、自家が絶える。この頃から画家へ転向し京都で狩野派に学んだ。

その後、毛利家の御用絵師として広島、萩の城、江戸桜田の藩邸や毛利家と縁のある個人や寺院で壁画の制作を行い、およそ百石の給録を得た。

静かで抑制された趣の水墨画を得意とし、1593年(文禄2年)毛利輝元から雪舟の旧跡雲谷庵と『山水長巻』を授与され、それまで途絶えていた雪舟の画系の後継者として指名された。

そして禅僧であった雪舟に習い剃髪し、雲谷庵の庵号と雪舟の諱・等楊からそれぞれ一字をとり名を雲谷等顔とし、以後の作品には『雪舟末孫等顔筆』の落款を入れた。

画の他にも茶の湯、連歌にも精通した。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、美術品、コレクション品の出張買取をしています。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井を中心に、ご自宅まで出張査定にお伺い致します。 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

あい古物買取サービスでは骨董品や古道具のリサイクルを通して古い文化を次世代に残し伝えるとともに、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動しています。