Georges Boyer のティーセットを買取させて頂きました。

2020/12/17
家の売却を機に、断捨離されることになったお客様に、出張買取をご利用頂きました。
写真のお品物は、今回お譲り頂いた「Georges Boyer / ジョルジュ・ボワイエ」のティーセットです。
 
ジョルジュ・ボワイエは、1901年にフランスの有名な磁器産地「リモージュ」で創業した陶磁器メーカーです。
透き通るような白磁の美しさと、凹凸のレリーフが特徴的で、淡い色彩で丁寧に絵付けされたボタニカルが、優雅で洗練された雰囲気を醸し出しています。
薄く固く焼かれたカップは驚くほど軽量で、口当たりが大変優しく、繊細な味が楽しめます。
 

【ティーカップ】
口径 / 約9.5cm 高さ 約4.4cm

【ソーサー】
約 14.5cm

【プレート】
約 18.7cm

【シュガーポット】
口径 約5.5cm
横幅 約8cm
高さ 約12cm(蓋含む)

【クリーマー】
高さ 約9cm

 
 
リモージュ磁器について
フランス中部に位置する都市、「リモージュ」は、古くから磁器の都として知られています。
リモージュには「Royal Limoges / ロワイヤル・リモージュ」「Bernardaud / ベルナルド」「Haviland / アビランド」「Raynaud / ルイノー」「Laure Selignac / ロール・セリニャック」など、フランスを誇る陶磁器メーカーが多数存在しています。
 
リモージュ焼の特徴は、薄く固く焼かれた白磁の美しさにあります。
16世紀、ベネツィアの商人、マルコポーロによって中国の白磁が西洋にもたらされ、東インド会社により、盛んにヨーロッパに輸入されるようになりました。
透き通るほどの薄さと、一点の濁りもない純白の輝き。焼き物と言えば土色で肉厚の陶器しか知らなかったヨーロッパの王侯貴族たちは、この「白い宝石」と称された磁器を、こぞって買い集めました。
18世紀初頭、この白磁を自国で生産できないかと考えていたフランスでしたが、1709年、ドイツの「マイセン」がいち早く中国の白磁の製法を解析し、ヨーロッパの磁器生産を独占してしまいます。
フランスに転機が訪れたのは1768年、磁器の原料である純白の粘土「カオリン」がリムーザン地方で発見され、
リモージュは世界一の陶磁器の街として栄えることとなります。
 
1771年、実業家であるグレル兄弟の資本の元、製陶所を設立し、カオリンを用いた硬磁器の製造が始まりました。
1774年には、アルトワ伯爵(ルイ16世の弟で、後のシャルル10世)の庇護を受け、アルトワ伯爵製陶所となりました。
1784年には、フランス政府に買収され、王室御用達窯の「セーブル」の一部になります。
程なくして、フランス革命の影響で贅沢品とみなされた磁器の製造が禁止され、セーブルの工場が閉鎖されると、多くの技術者達はリモージュに移り住み、民間の製陶所が次々と開かれました。
また、この頃、パリの職人たちがリモージュに移り住んで来たことにより、リモージュ磁器はパリの影響を受けながら、次第に装飾美術として発展を遂げ、19世紀後半に黄金期を迎えます。
1851年、ロンドンでの万国博覧会に多くのリモージュ窯が出品し、好評を得て世界に認められることとなりました。
今日では、パリ、東京、ニューヨーク、ロサンゼルス、香港など、多くの一流レストランで熱烈な支持を受け、リモージュ磁器が使用されています。
 

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、コレクション品の出張買取をしています。

買取ジャンルの多さは業界随一!

世界の一流美術品から趣味の品、古家具、家財品にいたるまで、経験豊富な専門鑑定士があなたの大切なお品物を一点ずつ丁寧に査定致します。

お引っ越し、遺品整理、コレクション整理、空き家整理などでお困りの際はお気軽にご相談下さい。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井まで出張査定無料でご自宅までお伺い致します。

弊社では骨董品や古道具のリサイクルを通して、古い文化を次世代に残し伝えると共に、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動させて頂いています。

 0120-994-469 午前9時~午後9時(年中無休)