王鐸の作品を買取しています。

[記事公開日]2018/08/15

王鐸

王鐸 おうたく ou taku は中国、明時代末期〜清初に活躍した書家。西暦1592年~1652年(万暦20年~順治9年)

字は覚斯・嵩樵と号した。河南孟津の人。明・天啓2年、30歳の時に進士・累管して礼部尚書、東閣大学士に至る。清朝においても礼部尚書に官した。

書は鐸・王を学び、13歳から集王聖教序」に取り組んだ。

作品は二王の書簡を中心に多数残している。代表作には詩巻』、『臨褚遂良尺牘』などがある。

日本での人気も高く、書家・村上三島によって一気に王鐸の書風が世に広まった。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、美術品、コレクション品の出張買取をしています。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井を中心に、ご自宅まで出張査定にお伺い致します。 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

あい古物買取サービスでは骨董品や古道具のリサイクルを通して古い文化を次世代に残し伝えるとともに、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動しています。