邢侗の作品を買取しています。

[記事公開日]2018/05/25

邢侗

邢侗 けいとう Xíng Tóng は中国、明時代末期に活躍した文人画家。西暦1551年~1612年(嘉靖30年~万歴40年)

字は子愿(しげん)自らの居室を来禽館と名付け来禽館生と号した。臨邑(りんゆう)現在の山東省臨清の出身。

万歴2年(西暦1574年)24歳の時に進士し最終的に高級官僚(太僕寺少卿)になりました。明晩年期の著名な書法家で、董其昌、米萬鐘、張瑞図らと合わせて『明末四大書家』と称され、『北邢南董』とも言われた。書は王羲之、米芾、虞世南、褚遂良らを法とした。特に王羲之の神髄を得たとされる。高麗や琉球においても邢侗の書は重んじられ黄金と同等の価値があったとされる。画は山水、古木、竹石を好んで描いた。その多くは文同、王冕らの筆意に近いものがあった。

著書には『来禽館集』などがある。

あい古物買取サービスは骨董品、古道具、美術品、コレクション品の出張買取をしています。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井を中心に、ご自宅まで出張査定にお伺い致します。※ 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

あい古物買取サービスでは骨董品や古道具のリサイクルを通して古い文化を次世代に残し伝えるとともに、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動しています。