邵彌の作品を買取しています。

[記事公開日]2018/07/21

邵彌

邵彌 shao mi は中国、明時代末期に活躍した文人、画家。西暦1594年~1642年(万暦22年~崇禎15年)

原名は高、字は僧彌、瓜疇と号す、長州(現在の江蘇・呉県)の人。性は迂遠、俗に同調する事はなかった。詩は陶潜を宗とし、楷書は鍾繇の法を得て、近くは虞南、褚遂良に学んだ。画は荊浩、馬遠、夏圭らから広く学んだ。筆墨は清逸、孤高であった。翎毛を好んで描いた。董其昌、杨文聪、程嘉燧、张学曾、卞文瑜、李流芳、王时敏、王鉴らと合わせて画中九友の一人として広く認知されている。

あい古物取サビスは骨董品、古道具、美品、コレクション品の出張買取をしています。

京都、滋賀、奈良、大阪、兵庫、三重、岐阜、愛知、福井を中心に、ご自宅まで出張査定にお伺い致します。 良品は全国出張買い取り可能です。

どんな些細な事でもかまいませんのでまずは一度お電話にてご相談下さい。

あい古物買取サービスでは骨董品や古道具のリサイクルを通して古い文化を次世代に残し伝えるとともに、微力ながら持続・再生可能な社会作りに貢献したいと考え活動しています。